豊田空間デザイン室

住宅

細長い敷地を生かした家

細長い敷地形状を有効利用したリゾート風の家

細長い敷地で隣家が建て込むので、奥行きの長さを逆手に取りながらスペースを有効活用し、「内」「外」が心地よく関わる開放的な住まいとしている。2階は大きな傾斜天井で吹抜け的なワンルームが広がり、さらに外部からのプライバシーを確保しながらも、明るく変化のあるウッドデッキが連なっていく。

  • 建築地:東京都杉並区
  • 敷地面積:111.50m2(33.79坪)
  • 床面積:104.20m2(31.58坪)
  • 構造:木造軸組工法
  • 規模:地上2階、ロフト
  • 竣工:2001年7月