豊田空間デザイン室

住宅

古材利用の懐かしい家

古材を使用し、懐かしさを感じる空間に

鎌倉の山間の閑静な環境に立地しているので、落ち着いた年月を経て建っているかのようなデザインイメージを意図した。 内部は梁と建具の一部古材に使用。明るめの珪藻土に対比して床・壁・建具などの木部は濃茶色でダークな雰囲気となっている。天井はラワン合板に塗装。新築だが最初から身体に馴染む懐かしさ ・心地よさが感じられようにした。全体の断面は1Fが寝室・書斎(仕事場)、2FがLDKと洗面・浴室という構成である

  • 建築地:神奈川県鎌倉市
  • 敷地面積:173.12㎡(52.36坪)
  • 床面積:114.511㎡(34.6坪)
  • 構造:木造軸組工法
  • 規模:地上2階
  • 竣工:2006年3月